www.buckinballs.xyz

現実にノートパソコンの画面の前に座っていつも上下動しているマーケットを眺めていると、売買をしたくなるという感情に突き動かされる場面も少なくありません。だけど、ぼんやりした考えで注文することだけは、間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、外国為替相場は終日いかなる時でもいずれかの国の市場はやっているし、為替レートもいかなる時でも変動している。しかしながら、頻繁に売買をしていると、その回数分だけ損をする危険が上がります。無論、売り買いの数を積み重ねる事で、利益を上げられる可能性が五分五分になるのは周知の通りです。しかし「はっきりしないインスピレーションでエントリー」することとは別問題です。注文回数を重ねるということは、自分が「ここはいける」と感じたチャンスを得た場面でのエントリー回数を重ねるという事を言っています。理由がなく、のべつ幕なし売り買いを経験するのとは明確に違います。外国為替市場の駆け引きにi挑むには、自ら緩急をつけることこそが大事です。「ここだ!」とよく考えた市場の時にはポジションを買い増して、徹底的に儲けを求めます。「分からないマーケットでどう変化するのか読めないな」と感じたならば諦めて売買ポジションをひとつ残らず閉じて静観します。そのくらいのメリハリをつける方が最終的に注文は勝利します。市場の金言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通り。取引とは、いつでも売買ポジションを保持する事が大切ではなく、どの売買ポジションも保持せずじっと見ていることも場合によってはFXです。それでは、どの場面で、休むべきなのでしょうか。ひとつは、先に述べたように、現在の市場がはっきりと良く見えない時です。これから高くなるのか安くなるのか判断できない時は思いつきで行動すると、自身の思い描いた物語とは逆の方向に外国為替市場が変化してしまい、損をする事になります。そのため、そういった場面ではポジションを整理して、そのまま何もしないで見ているだけが最善の策です。2番目に、あなた自身の体の状態がよくない時です。健康状態とマーケットに関係ないと思う投資家もいますが現実には関係があります。体の調子がよくなければ、外国為替相場の失敗できない状況で落ち着いた判断を下すことができません。気乗りがしない時は、マーケットから目をそらす事も大事な事です。